Posts Tagged ‘算数’

算数教室「おもしろ算数実験ラボ」

月曜日, 2月 29th, 2016

操作活動を通して手にも考えてもらう算数、
教具を使って計算を「見る」算数、
答えを実験で確かめる算数
がここにはあります
学習塾とも「学校算数」とも一味違う楽しい算数教室です

◎岡山市南区教室「おもしろ算数実験ラボ」
会場:岡山市南区箕島
日時:任意、不定期可
講座区分:小学校各学年
授業料:1500 円 / 回 (税込み)( 1 回 90 分)
講師:小学校退職教員

◎出張算数教室
会場:受講生が指定する場所(ご自宅も可)
日時:任意、不定期可
開講条件:1 人から可
授業料:2000円 / 回 (税込み)( 1 回 90 分)(岡山市内 倉敷市内 早島町内)
※岡山市外・倉敷市外・早島町外の場合は、別途交通費がかかります
講師:小学校退職教員

以上いずれもお問い合わせ先:
岡山県南算数の会 amios@eongr.jp

HP: www.amios.eongr.jp または www.kajitsuken.net

岡山の算数実践講座

火曜日, 12月 1st, 2015

第5回「目から鱗」の算数実践講座

開催日時:2015年12月26日(土)午後1時30分〜5時

会場:岡山市南区箕島1640-47

第5回目を迎える「目から鱗」の算数実践講座のお知らせです。

操作活動を通して手にも考えてもらう算数
   教具を使って計算を「見る」算数
    答えを実験で確かめる算数
     これまでの「学校算数」とは一味違う楽しい算数

です。
毎回好評の授業プランは、「課題の提示」「話し合い」「確かめ」「詳しい説明」等が折り込められており、プリントに沿って授業を進めるだけで、どの子も理解できるように工夫されています。教具は、数の世界を量的に把握させたり、計算の結果を実験的に実証して目で見ることができるようにします。
今回も参加者には、cL(センチリットル)枡をプレゼントします。「センチリットルます?!」ってどんな枡か、お楽しみにご参加下さい。

なお、教材・教具を準備する都合上、必ず事前にお申し込み下さい。

主催:岡山県南算数の会
事務局:岡山市南区箕島1640-47  代表:大月正雄(090-3927-5411)
メールアドレス:amios@eongr.jp

研究会のHPはこちら(http://www.amios.eongr.jp)です。今回ご案内の算数実践講座とは別に、通常の例会等のお知らせもご覧いただけます。

分数のたし算・かけ算説明器

木曜日, 11月 12th, 2015

分数たし算フォト

分数のたし算(特に通分)とかけ算の意味を視覚的に教えることができる説明器です。
この説明器の構成は次のようになっています。
◦本体(プレート) 表裏にたし算用とかけ算用があります
◦1タイル 11種12枚 透明
1タイル2枚(区分線なし)
2/2タイル 3/3タイル 4/4タイル 5/5タイル 6/6タイル
10/10タイル 12/12タイル 15/15タイル 20/20タイル 30/30タイル(以上各1枚)
◦1/2タイル 2枚 集光グリーン
◦1/3タイル 3枚 集光オレンジ
◦1/4タイル 4枚 集光レッド
◦1/5タイル 5枚 集光ピンク
◦1/6タイル 6枚 集光バイオレット(クリアに近い色の製品です)
分数のたし算(通分のある)をしてみる
(例1)1/2+1/3 ≦ 1
1. プレートの「分数のたし算」面を「上」表示向きに置きます。
2. 左側から1/2タイルを縦向きに置き、続いて1/3タイルを縦向きに置きます。
3. このはしたの数(全体でも1より小さいことを確かめて)にぴったりの1タイルを探します。下図では1を4等分した4/4タイルをあてがおうとしていますが、ぴったりとは区分されません。では、5/5タイルでは……、と言うように試行錯誤を繰り返します。……(続く)

詳しくはこちらをご覧下さい。

タイル九九

土曜日, 2月 22nd, 2014

新授業プランの紹介(科学的授業実践研究会

kuku

九九の言葉をただ暗唱させてはいませんか。九九にも量があります。この量をタイルで表したり、タイルを操作したりすることで、量感をもって九九を覚えることができます。5のタイル、5と5の10タイル、25のタイルも使います。九九を忘れても、頭にタイル図が浮かべば、九九が言えるようになります。ゲームも交えながら、九九を楽しく覚えていきます。(A5判 100ページ 研究協力費1000円)

PDFファイルのご購入はこちらから

授業プラン「単位あたり量」入門

月曜日, 2月 3rd, 2014

新授業プランの紹介(科学的授業実践研究会

 tanni

単位量あたりの大きさを「異種の二つの量の割合」としてではなく、単位あたり量を「異種の二つの量の間で新たに作り出された量」として学習します。分離量÷分離量、分離量÷連続量、連続量÷連続量へと学習を進めていきます。このプランでは、特に単位に注目し、単位の部分の計算について詳しく説明しています。また、問題を図示し、かけわり図の理解へと繋げています。(A5判 34ページ 研究協力費400円)

PDFファイルのご購入はこちらから

体積指導プラン「体積入門」

火曜日, 12月 24th, 2013

新授業プランの紹介(科学的授業実践研究会

 

taiseki

体積が重さとは別の量であることを踏まえて、実験により、体積の保存性と、物の体積は押しのけられた水の体積と同じことを学びます。1㎤を定義し、初めはその個数で体積を数えますが、やがて、底面積に注目し、直方体や立方体も含めて柱の体積を「底面積×高さ」で求めることを学びます。このことにより、6年生での学習分野である三角柱や円柱の体積も、与えられた底面積を使って求めます。また、柱の斜体の体積にも触れています。(A5判 35ページ 研究協力費400円)

PDFファイルのご購入はこちらから

「平均」指導案

月曜日, 12月 16th, 2013

新授業プランの紹介(科学的授業実践研究会

heikin

平均水槽という教具を使って平均の学習を導入します。仕切り板を外すことで水面が均され、もう一度仕切り板をはめることで平均値が求まります。この操作を簡単な水槽図に置き換えて映像化し、平均を求める式を考えます。いろいろなケースの例題を通して、生活の中で平均が適切に使えるようにします。また、平均と言えば、真ん中のようなイメージがありますが、平均点を例に平均値は中央値ではないことにも触れます。(A5判 38ページ 研究協力費400円)

PDFファイルのご購入はこちらから

授業プラン「1あたりの数とかけ算のいみ」

水曜日, 4月 10th, 2013

新授業プランの紹介(科学的授業実践研究会

1atari

クリックするとサンプルが開きます

3×4は3+3+3+3なのでしょうか。このプランでは、かけ算をたし算の簡便法として捉えるのではなく、全く性質の違った計算として捉えています。かけ算の導入にあたっては、まず「1あたりの数」の概念を形成することから丁寧に始めます。その学習を踏まえて、「1あたりの数」と「いくつ分」から「全部の数」を求めるかけ算に入ります。タイル図も用いて、かけ算のもつ意味理解を確かなものにしていきます。(A5判 47ページ 研究協力費500円)

PDFファイルのご購入はこちらから

「3けたのひき算」指導案

日曜日, 2月 10th, 2013

新授業プランの紹介(科学的授業実践研究会

3けたのひき算

この授業プランでは、999−222型のような、それさえわかれば一般的原理をつかめるような典型的な型から指導を始めます。この計算の型が水源地になります。この型から派生するものとして、0を含む型(特殊型)や、上位の位が0のために位が欠ける退化型へと指導を進めます。いわゆる「水道方式」と呼ばれる計算練習の順序です。最後は「おじいさん型」と言われる位をまたいでくり下がる型の学習をタイルを使って丁寧に進めます。(A5判 105ページ 研究協力費1000円)

PDFファイルのご購入はこちらから

「3けたのたし算」指導案

火曜日, 1月 29th, 2013

新授業プランの紹介(科学的授業実践研究会

3ketaka

この授業プランでは、22+22型のような、それさえわかれば一般的原理をつかめるような典型的な複合過程から指導を始めます。この計算の型が水源地になります。この型から派生するものとして、0を含む型(特殊型)へと進み、上位の位が0のために位が欠ける退化型へと指導を進めます。いわゆる「水道方式」と呼ばれる計算練習の順序です。……(A5判 88ページ 研究協力費900円)

PDFファイルのご購入はこちらから