家庭学習教材『倍数のめがね』

4月 1st, 2015

(小学校5年生)
倍数のめがねF3種類の倍数のめがねを収録。「台紙」に切り抜いた「倍数のめがね」を重ねると不思議な倍数の世界が見えてきます。(B5判 12ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『倍数と約数』

4月 1st, 2015

(小学校5年生以上)
倍数と約数F倍数や約数をタイル図で表すと整数の性質が直感的にわかりやすくなります。また、タイルで操作をしながら、同じ倍数同士の加減や倍の倍などを考えます。2から9までの倍数を一覧できる「倍数のめがね」を作成します。倍数と約数の関係、2・5・4・9などの倍数の見つけ方等を学びます。(71ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『不思議な輪 ─メビウスの輪─』

4月 1st, 2015

(小学校4年生以上)
不思議な輪Fメビウスの帯などいろいろな輪を作って、その輪の性質を調べていきます。輪のねじれの回数と折り目の数の関係にも触れます。また、身の回りのメビウスの輪を使った意匠や、アートも紹介します。マジックも交えながら、お子さんの探求心をくすぐります。教科横断的な内容です。(34ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『空気ののびちぢみ』

4月 1st, 2015

(小学校4年生以上)
空気ののびちぢみF教科書では、空気が伸び縮みすることを現象としては教えます。では、空気はなぜ伸び縮みするのでしょうか。そんな子どもたちの素朴な疑問に応えます。空気の伸び縮みを空気の粒と真空の概念で分かりやすく学んでいきます。また、空気の体積と重さの関係を思考実験を通して考えます。前半は閉じこめた空気について、後半は空気を暖めるとどうなるかを学びます。(51ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『天気の科学』

4月 1st, 2015

(小学校4年生以上)
天気の科学F一日で最も気温が高いのは、本当に午後2時前後なのでしょうか。神戸のデータで調べてみると、案の定、意外な事実がわかってきます。/よく晴れた夏の日の地表と、少し上の空気の温度には、どんな違いがあるのでしょうか。観測を通して、空気がどのように暖まるかを考えます。/大気が上昇したり下降したりすると空気にどんな変化が起こるのでしょうか。雲をペットボトルを使って作ってみます。……この学習プランは、実験や観測、データをもとに、天気を科学するテキストです。(36ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『分数のたし算・ひき算〈同分母分数〉』

4月 1st, 2015

(小学校4年生)
分数のたし算・ひき算(同分母分数)F5年生で学習する異分母分数の加減の基礎になります。整数・真分数を含む全ての分数の加減を帯分数と帯分数の加減として捉え、その上で計算問題を繰り上がりと繰り下がりの有無で型分けして計算の系統化を図っています。また、折り紙で分数タイルを作り、具体的な操作をしながら分数の加減を学びます。(34ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『いろいろな分数とその大きさ』

4月 1st, 2015

(小学校4年生)
いろいろな分数とその大きさ-F3年生で分数と出会った子どもたちが、真分数や帯分数や仮分数などの分数のいろいろな形を学びます。帯仮分数の学習もします。この教材でも、折り紙や分数タイルを使って、分数を具体的な形に置きかえて学んでいきます。また、帯分数と仮分数を書いた分数カードを使って、ばばぬきや神経衰弱やカルタとりをしながら、両分数の相互の変換を楽しく学びます。(48ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『はじめての面積』

4月 1st, 2015

(小学校4年生)
はじめての面積F直接比較からはじめて間接比較、個別単位、普遍単位へと学習を進めます。正方形を等積変形して正三角形を作り、面積の保存性を学びます。また、「たち合わせ」という方法で、2つの長方形を共通の1辺を持つ長方形に等積変形して、面積を較べる方法にも触れます。長方形は、縦と横の長さが確定すると形が定まり、面積がひとつに決まることにも触れます。面積の単位1㎠の個数で面積を表し、後に線が面を生成する過程を通して、乗法により面積が求まることを学びます。(69ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『お家の人と顔をえがこう』

4月 1st, 2015

(小学校3年生以上)
お家の人と顔をえがこうF目から頭のてっぺんまでの長さと、目からあごの先までの長さをくらべると、どちらが長いのでしょうか。実測するとほぼ同じ長さなのですが、子どもたちは、必ず目からあごの先までを大きく描きます。これは、表情の中心がそこにあるからですが、このために目から上の髪形などの個性を描ききることが難しくなり、顔全体のバランスも崩れてしまいます。また、普通子どもたちは輪郭から顔を描き始めますが、このテキストでは顔の部分から描き始めます。所々立ちどまって考えながら、観察して確かめながら、描きます。(20ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『わり算の筆算』

4月 1st, 2015

(小学校3年生以上)
わり算の筆算F筆算形式をタイルでのわり算操作に対応させて説明しています。また、商が0になる2種類の割算を文章題で考えさせます。1桁同士の割算では、商が4よりも大きくなることがないことにも触れています。また、なぜ十の位から一の位へとわり進むのかを、子どもの身近なお菓子「ぷっちょ」も使いながら考えます。下がり九九で商を見つけることにも触れています。(61ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。