Archive for the ‘自然科学’ Category

分数のたし算・かけ算説明器

木曜日, 11月 12th, 2015

分数たし算フォト

分数のたし算(特に通分)とかけ算の意味を視覚的に教えることができる説明器です。
この説明器の構成は次のようになっています。
◦本体(プレート) 表裏にたし算用とかけ算用があります
◦1タイル 11種12枚 透明
1タイル2枚(区分線なし)
2/2タイル 3/3タイル 4/4タイル 5/5タイル 6/6タイル
10/10タイル 12/12タイル 15/15タイル 20/20タイル 30/30タイル(以上各1枚)
◦1/2タイル 2枚 集光グリーン
◦1/3タイル 3枚 集光オレンジ
◦1/4タイル 4枚 集光レッド
◦1/5タイル 5枚 集光ピンク
◦1/6タイル 6枚 集光バイオレット(クリアに近い色の製品です)
分数のたし算(通分のある)をしてみる
(例1)1/2+1/3 ≦ 1
1. プレートの「分数のたし算」面を「上」表示向きに置きます。
2. 左側から1/2タイルを縦向きに置き、続いて1/3タイルを縦向きに置きます。
3. このはしたの数(全体でも1より小さいことを確かめて)にぴったりの1タイルを探します。下図では1を4等分した4/4タイルをあてがおうとしていますが、ぴったりとは区分されません。では、5/5タイルでは……、と言うように試行錯誤を繰り返します。……(続く)

詳しくはこちらをご覧下さい。

タイル九九

土曜日, 2月 22nd, 2014

新授業プランの紹介(科学的授業実践研究会

kuku

九九の言葉をただ暗唱させてはいませんか。九九にも量があります。この量をタイルで表したり、タイルを操作したりすることで、量感をもって九九を覚えることができます。5のタイル、5と5の10タイル、25のタイルも使います。九九を忘れても、頭にタイル図が浮かべば、九九が言えるようになります。ゲームも交えながら、九九を楽しく覚えていきます。(A5判 100ページ 研究協力費1000円)

PDFファイルのご購入はこちらから

授業プラン「単位あたり量」入門

月曜日, 2月 3rd, 2014

新授業プランの紹介(科学的授業実践研究会

 tanni

単位量あたりの大きさを「異種の二つの量の割合」としてではなく、単位あたり量を「異種の二つの量の間で新たに作り出された量」として学習します。分離量÷分離量、分離量÷連続量、連続量÷連続量へと学習を進めていきます。このプランでは、特に単位に注目し、単位の部分の計算について詳しく説明しています。また、問題を図示し、かけわり図の理解へと繋げています。(A5判 34ページ 研究協力費400円)

PDFファイルのご購入はこちらから

体積指導プラン「体積入門」

火曜日, 12月 24th, 2013

新授業プランの紹介(科学的授業実践研究会

 

taiseki

体積が重さとは別の量であることを踏まえて、実験により、体積の保存性と、物の体積は押しのけられた水の体積と同じことを学びます。1㎤を定義し、初めはその個数で体積を数えますが、やがて、底面積に注目し、直方体や立方体も含めて柱の体積を「底面積×高さ」で求めることを学びます。このことにより、6年生での学習分野である三角柱や円柱の体積も、与えられた底面積を使って求めます。また、柱の斜体の体積にも触れています。(A5判 35ページ 研究協力費400円)

PDFファイルのご購入はこちらから

「平均」指導案

月曜日, 12月 16th, 2013

新授業プランの紹介(科学的授業実践研究会

heikin

平均水槽という教具を使って平均の学習を導入します。仕切り板を外すことで水面が均され、もう一度仕切り板をはめることで平均値が求まります。この操作を簡単な水槽図に置き換えて映像化し、平均を求める式を考えます。いろいろなケースの例題を通して、生活の中で平均が適切に使えるようにします。また、平均と言えば、真ん中のようなイメージがありますが、平均点を例に平均値は中央値ではないことにも触れます。(A5判 38ページ 研究協力費400円)

PDFファイルのご購入はこちらから

ブラックボックス

金曜日, 11月 8th, 2013

出てくるカードが見やすく、機能が明示できる Black Box

ブラックボックスを開発致しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

blackbox

 

このブラックボックスは、アクリル製のためとても丈夫な造りになっています。また、ほぼ確実にカードが反転して出てくるようになっていて、出てきたカードは斜めに立てかけた状態になり、結果が見やすくなっています。

このブラックボックスの大きさは、10cmの正方形のカードの大きさを元にして設計されています。教室での演示には少し小さく感じますが、アクリルはとても高価な材料ですので、このことを考慮してこの大きさにしています。

カードには、厚めの紙を使用します。参考までに付属している厚紙は、厚さ約400g/㎡のもので、百円ショップでもお求めになれます(一例:DAISO 商品名「Card Board」)。この厚紙で作る反転させるカード(10cmの正方形)は、2枚を貼り合わせて使う仕様になっています(1枚では反転しにくいことがあり、途中で止まってしまうことがあります)。反転させるカード(出題カード)は、ブラックボックスの裏面から、ボックス内の下のスペースに入れておくことができます。
前面のポケットには、機能(例えば「×3」)を書いたカード(10cmの正方形)を入れます。このカードは、2枚を貼り合わせる必要はありません。表に機能を、裏には「?」と書いておきます。
以下は、このブラックボックスでの演示の一例です。 ……続く

平均水槽 平均の学習にお使い下さい

金曜日, 11月 8th, 2013

ペットボトル製平均説明器にない機能を持つ
アクリル製平均水槽

平均水槽を開発致しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

average

 

本製品の本体は、3mm厚のアクリル製です。アクリルは、ガラスをしのぐ透明度を持ち、耐衝撃強度はガラスの10倍以上です。表面の硬さは、ほぼアルミニュームと同じです。また、面同士の接着には、アクリルを溶かして接着する溶剤型接着剤を使用していて、接着箇所が剥離して水が漏れ出すことはまずありません。

水槽は3部屋に区分されています。それぞれ最大1000mL強の水が入ります。各部屋の底面の広さは、ちょうど5cm×10cmで、底面積は50㎠になります。そこで、容積と水位の関係が分かりやすくなっていて、50mLの水を入れれば、水の高さはちょうど1cmとなります。100mLなら2cm、最大容量の1000mLならちょうど20cmになります。

以上のような仕様ですので、従来のペットボトル製の平均説明器とは違って、この平均水槽には正確な目盛をつけることができ、かさでも高さでも、平均値を数値で予想して、実験で確かめることができます。例えば、各部屋に6cm(300mL)、10cm(500mL)、17cm(850mL)の水を入れれば、平均値が11cm(550mL)となります(この例の計算は少し難しいですが、3で割るのですから、高さに注目して高さが3の倍数になるように水を入れれば、実験の結果が分かりやすくなります)。

この目盛は耐水性のシートに印字されています。シートの印字は、どんなに濡れてもにじんだりしません。乾いている時は、下地は半透明ですが、濡れると透明になり、乾き始めると白くなりますが、完全に乾くと、また元の半透明になります。

水槽の水位をわかりやすくするために、色水を使うことがよくあります。けれども、この平均水槽には、ポリプロピレン製の色板(48mm×98mm×2mm 比重0.4)が付属していて、この色板を各部屋に入れることで、水を着色しなくても、水位がよく分かるようにしています。また、この色板を使えば、水面の高さが表面張力により読み取りにくいという点もクリアできます。かさは色板の厚みの下側で読み取ります。

部屋の仕切り壁にある径5.5mmの穴は、シリコン栓(7mm×4mm×15mm)でふさぎます。手が届きませんので、付属のパイン集成材製のアクセス棒を使います。このアクセス棒には、上下2箇所に径7mmの穴があります。

シリコン栓を仕切り壁の穴に装着する時は、穴が貫通していない方の穴にシリコン栓の頭の方を差し込みます。ゆるく浅く入りますが、アクセス棒を立ててもシリコン栓が落ちないようになっています。シリコン栓を差し込んだまま、仕切り壁の通水孔にシリコン栓が入るように持っていき、シリコン栓を押し込みます。

シリコン栓を通水孔から外す時は、アクセス棒の貫通している方の穴を使います。(シリコン栓を装着する時に使ったアクセス棒の浅い方の穴を使ってもシリコン栓は外せますが、途中でシリコン栓がアクセス棒の穴からはずれて、水中に落ちることがあります。) ……続く

授業プラン「1あたりの数とかけ算のいみ」

水曜日, 4月 10th, 2013

新授業プランの紹介(科学的授業実践研究会

1atari

クリックするとサンプルが開きます

3×4は3+3+3+3なのでしょうか。このプランでは、かけ算をたし算の簡便法として捉えるのではなく、全く性質の違った計算として捉えています。かけ算の導入にあたっては、まず「1あたりの数」の概念を形成することから丁寧に始めます。その学習を踏まえて、「1あたりの数」と「いくつ分」から「全部の数」を求めるかけ算に入ります。タイル図も用いて、かけ算のもつ意味理解を確かなものにしていきます。(A5判 47ページ 研究協力費500円)

PDFファイルのご購入はこちらから

新女王アリ 予約受付開始

水曜日, 3月 27th, 2013

新春恒例企画  クロオオアリ・ムネアカオオアリの2013年新女王アリ 予約受付開始!

ご提供価格 1匹 1000円(送料別)送料着払い

2013年5月下旬から6月中旬に採集する予定です。 採集後すぐにお送りいたします。子育ての初めから観察できます。

販売条件:

①採集できる女王アリの個体数は、年によって大きく変動します。予約順で配付致しますので、お届けできない場合もございます。(ムネアカオオアリの女王アリの方は、個体数が少なくなる見込みです。)

②人工飼育におけるクロオオアリとムネアカオオアリの女王アリの生存率はそれぞれ87%と80%、子育て成功率(働きアリが1匹でもいる家族の割合)はそれぞれ73%と74%(昨年クロオオアリ56匹、ムネアカオオアリ35匹のデータ 交尾から80日経過時点)です。したがって10匹の内3匹弱は、子育てに失敗する可能性があります。このことをご了承の上お申し込み下さい。更に詳しくは、こちらをご覧下さい。

③プラスチック製のクリーンカップに脱脂綿を敷いた状態でお届けいたします。この容器のままで、最初に働きアリが羽化するまで飼育できます。

④届いた時点、あるいは届いた日を入れて3日以内に女王アリが死んだ場合は、電話またはメールにてご連絡下さい。送料無料で女王アリをお送りいたします。但し、お買い上げの個体数を上限に1回のみと致します。(例:3匹お求めで、届いた日を入れて3日以内に3匹とも死んだ場合、日をまたがっても、3匹まで送料無料で女王アリをお送りいたします。)

⑤女王アリを採集した時点で、メールにてお知らせ致します。ご入金が確認でき次第、送料着払いにて順次発送致します。(ゆうちょ銀行へのお振込となります。振込手数料をご負担下さい)。

⑥予約のお申し込みは、こちらでお受け致します。

「3けたのひき算」指導案

日曜日, 2月 10th, 2013

新授業プランの紹介(科学的授業実践研究会

3けたのひき算

この授業プランでは、999−222型のような、それさえわかれば一般的原理をつかめるような典型的な型から指導を始めます。この計算の型が水源地になります。この型から派生するものとして、0を含む型(特殊型)や、上位の位が0のために位が欠ける退化型へと指導を進めます。いわゆる「水道方式」と呼ばれる計算練習の順序です。最後は「おじいさん型」と言われる位をまたいでくり下がる型の学習をタイルを使って丁寧に進めます。(A5判 105ページ 研究協力費1000円)

PDFファイルのご購入はこちらから