Archive for the ‘家庭学習’ Category

家庭学習教材『角度入門』

月曜日, 11月 9th, 2015

(小学校4年生)

角度入門F「かど」と「角」の違いから話が始まり、簡単な教具を作って、その教具を使っていろいろな角を作ります。次に、角の大きさを数字で表すにはどうしたらよいかを考えます。1直角を元にしたり、その1直角を等分したりしますが、古代の人が考えた「360」という数字と角度について触れます。折り紙で2種類の直角三角形を作り、それぞれの角度を調べさせます。最後に学習のまとめとして、角度カードゲームと「王様の命令」(命令された角度に体全体を回転させる)をして楽しみます。(34ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『分数のかけ算・わり算』

水曜日, 4月 1st, 2015

(小学校6年生)
分数のかけ算・わり算F分数のかけ算をタイル図で表わすことによって、分母同士・分子同士をかけて得られる数値が答えになることがわかります。わり算では逆数をかければ答えが得られることについて、2通りの説明をしています。式中の単位や助数詞について、分数のかけ算・わり算での数値の計算にならって説明をしています。また、ブラックボックスと倍についても触れています。「かけわり図」を使って確実に文章問題が解けるようにするなど、小学校での乗除学習のまとめになる内容です。(70ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『体積入門』

水曜日, 4月 1st, 2015

(小学校5年生)
体積入門F体積が重さとは別の量であることを踏まえて、実験により、体積の保存性と、物の体積は押しのけられた水の体積と同じことを学びます。1㎤を定義し、初めはその個数で体積を数えますが、やがて、底面積に注目し、直方体や立方体も含めて柱の体積を「底面積×高さ」で求めることを学びます。このことにより、6年生での学習分野である三角柱や円柱の体積も、与えられた底面積を使って求めます。また、柱の斜体の体積にも触れています。(34ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『「単位あたり量」入門』

水曜日, 4月 1st, 2015

(小学校5年生)
「単位あたり量」入門F「異種の二つの量の割合」としての「単位量あたりの大きさ」ではなく、「単位あたり量」を「異種の二つの量の間で新たに作り出された量」として学習します。分離量÷分離量、分離量÷連続量、連続量÷連続量へと学習を進めていきます。このプランでは、特に単位に注目し、単位の部分の計算について詳しく説明しています。また、問題を図示し、かけわり図の理解へと繋げています。(33ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『平均』

水曜日, 4月 1st, 2015

(小学校5年生)
平均F平均水槽という教具を使って平均の学習を導入します。仕切り板を外すことで水面が均され、もう一度仕切り板をはめることで平均値が求まります。この操作を簡単な水槽図に置き換えて映像化し、平均を求める式を考えます。いろいろなケースの例題を通して、生活の中で平均が適切に使えるようにします。また、平均と言えば、真ん中のようなイメージがありますが、平均点を例に平均値は中央値ではないことにも触れます。(37ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『倍分・約分・通分』

水曜日, 4月 1st, 2015

(小学校5年生)
倍分・約分・通分(異分母分数のたし算・ひき算)F異分母分数同士の加減は、通分ができれば4年生の学習に引き戻すことができます。このプランでは、同分母分数になってからの加減の学習を簡単に扱うことで、倍分と約分、通分を詳しく学習していきます。公約数・公倍数で学習した素因数分解や互除法も使います。このプランを学習すれば、さまざまな通分の方法を身に付けることができます。また、分数タイルを使って通分の意味も学びます。(43ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『倍数のめがね』

水曜日, 4月 1st, 2015

(小学校5年生)
倍数のめがねF3種類の倍数のめがねを収録。「台紙」に切り抜いた「倍数のめがね」を重ねると不思議な倍数の世界が見えてきます。(B5判 12ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『倍数と約数』

水曜日, 4月 1st, 2015

(小学校5年生以上)
倍数と約数F倍数や約数をタイル図で表すと整数の性質が直感的にわかりやすくなります。また、タイルで操作をしながら、同じ倍数同士の加減や倍の倍などを考えます。2から9までの倍数を一覧できる「倍数のめがね」を作成します。倍数と約数の関係、2・5・4・9などの倍数の見つけ方等を学びます。(71ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『不思議な輪 ─メビウスの輪─』

水曜日, 4月 1st, 2015

(小学校4年生以上)
不思議な輪Fメビウスの帯などいろいろな輪を作って、その輪の性質を調べていきます。輪のねじれの回数と折り目の数の関係にも触れます。また、身の回りのメビウスの輪を使った意匠や、アートも紹介します。マジックも交えながら、お子さんの探求心をくすぐります。教科横断的な内容です。(34ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。

家庭学習教材『空気ののびちぢみ』

水曜日, 4月 1st, 2015

(小学校4年生以上)
空気ののびちぢみF教科書では、空気が伸び縮みすることを現象としては教えます。では、空気はなぜ伸び縮みするのでしょうか。そんな子どもたちの素朴な疑問に応えます。空気の伸び縮みを空気の粒と真空の概念で分かりやすく学んでいきます。また、空気の体積と重さの関係を思考実験を通して考えます。前半は閉じこめた空気について、後半は空気を暖めるとどうなるかを学びます。(51ページ)

詳しくはこちらをご覧下さい。